オールドヴァイオリンJAPAN 

オールドヴァイオリンジャパン

Cesare Candi 1912 Genova

Cesare Candi 1912 Genova

 

1900年代初期のジェノバで欠かす事のできない偉大なヴァイオリンメーカーであるチェザレ・カンディは1869年の3月5日にボローニャで生まれました。

彼は弟のオレステ・カンディと共にラファエレ・フィオリーニに師事します。後に1888年にジェノバに移り住み、1892年に自身の事業をスタートさせました。

彼はヴァイオリンに限らず生涯を通して非常に美しい装飾楽器を沢山世に残しています。またチェザレ・カンディは1937年から1947年の間にパガニーニが愛用していたil Cannoneの管理に携わっています。

この度ご紹介させていただく楽器は1912年に製作された楽器となります。

以前のオーナーがその当時チェザ・レカンディ本人から直接購入されたもので、それ以来彼の一族が大切に保管してこられたワンオーナーとなります。前オーナーはイタリアのオーケストラに所属されていたと言う事でよく弾きこまれていて、尚且つ保存状態も良好です。

ラベルはエプロンを付けた楽器制作者の写真が印刷されており、No.53と記されております。チェザレ・カンディーは1912年以降このラベルをリニューアルしており、こちらの楽器は初期ラベルとなります。


鑑定書:Carlson & Neumann

お問い合わせCONTACT

ご来店は完全予約制となりますのでご予約をお願いいたします。 不定休での営業になりますが、土日、祝日でも可能な限りご対応いたします。

お電話からのお問い合わせも可能ですが、なるべくご予約フォームより入力いただけると助かります。 (お問合せの内容が残り、より正確なレスポンスができます)
025-282-5310